ZETA エクスプローラーハンドルバーとアドベンチャーアーマーハンドガードの組み合わせは可能なのか



(ほぼ)ノーマルの2021年式CRF250Lです。
タイトルの通り、ZETA エクスプローラーハンドルバーとアドベンチャーアーマーハンドガードの組み合わせで取付をご依頼頂きました。
結構お問い合わせ頂くのですが、この組み合わせは普通に可能です。
今回はこの作業を簡単にお届けします。




取り付けするパーツはコチラ。
ZETAのエススプローラーバー・T-1
ツーリング向けの寸法になっているのでロングライドに最適ですね。

ZETA・アドベンチャーアーマーハンドガード
先日CRF専用タイプが発売になりましたが、ハンドルを交換するなら専用である必要はありません。
逆に言えば、専用でも問題は無いのでどちらでもOKです。

ZETA・スロットルチューブ
純正のスロットルチューブは鬼の金棒の如くトゲトゲで普通のグリップが装着出来ません。
頑張って削る方法もありますが、1,000円もしないので交換しちゃった方が楽ちんです。

PROGRIP・601スーパーバイクグリップ
お客様のセレクトでこちらを装着します。これは貫通タイプならなんでもOKですね。


まず純正をバラしハンドルを装着。
いきなりはしょり気味ですが気にしない~♪
スロットルチューブを取り外す際は、右のタンク下にあるスロットルボディ側のワイヤーを先に外して下さいね。


エクスプローラーバーはハンドル内にウェイトの取付が可能です。
付ける付けないは軽さ重視か振動軽減重視か、というところですが今回はお客様のご希望でウェイト装着で行きます。
また、ハンドル幅もスペーサーの有無で775mmと800mmから選べますが、こちらもお好みで800mm仕様で進めることになりました。



ハンドルのセッティングが固まったら外したパーツを取り付けていきます。
スイッチボックスは、純正の穴位置を参考にハンドルに穴を開けて固定するようにしましょう。
間違ってもポッチ(凸)を切り飛ばしてはいけません。特にスロットル側は空回りするようになってしまいますので。




そんなわけでハンドル交換が完了しました。
ここからハンドガードの取付に続きます。

エクスプローラーバーは、バーエンドがネジ穴になっているので、ハンドガードをアンカー無しで直接ボルト止め可能です。
この保持力がとても強いので頼もしいですね。




これで取付完了です。
引きで車両全体の写った画像を取り忘れてしまいましたが・・・
こんな感じに、ZETA エクスプローラーハンドルバーとアドベンチャーアーマーハンドガードの組み合わせは相性バッチリです。
オススメですよ。

タイトルとURLをコピーしました