YZ125リビルド~スイングアームにベアリングを付けましょう~

YZ125リビルドシリーズでございます。
今回はスイングアームにベアリングを圧入する作業でございます。


山Pが持っているのがパウダー塗装されたスイングアーム。
カッコ良いですねぇ・・・しかし、艶消しのマットブラックなので扱いには気を使います。
丁寧に進めていきましょー。

スイングアームにベアリングを圧入する際、どついたりプレスで押す、という作業が使えません。
上手いことプレス機にセット出来ないので(^^;)

そこで、この工具の出番です。
モーションプロのスイングアームベアリングインストーラーです。

構造は簡単で、ベアリングに合わせたソケットと全ネジのシャフト、受け皿にナットの構成です。
要は両側からネジで締め上げて圧入するわけですね。

スイングアームベアリングって、圧入位置が平面から○○mm、などとシビアに決められているので
こうした方法での圧入が一番適切だと思います。
ちょっとずつ様子を見ながら圧入しましょう。

今回は圧入のみですが、前回紹介しましたベアリングリムーバーとの併用で、取り外しも比較的簡単に行えます。

ベアリングが圧入出来たら、グリスをたっぷり塗りましょう。
ここはウォータープルーフグリスを使用します。水の侵入を防ぐように、隙間なくたっぷりとね!
良く言われる話ですが、新車を購入した際もスイングアームやリンク周り、ステアリング部のグリスアップは是非やっておきましょう。
これをサボるとあとあと固着地獄に陥ります・・・

と、言うわけでスイングアームの出来上がり!
前回のステムベアリングや今回のスイングアームベアリング、これらのパーツはALLBALLSのものを使用しております。

ベアリングだけでなく、カラー、ダストシールなどが全て車種別にパッケージングされており、
一つ一つ純正部品を注文するより楽に部品が揃います。
品質も高いですし、店頭ですぐに手に入るのもウレシイところです。

次回はスイングアームとフレーム、エンジンを合体させましょう~(^_^)

続く

タイトルとURLをコピーしました