YZ125リビルド~ステムが付きました~

ゴールデンウィークの繁忙期もあってちょっと間があいてしまいましたがちょっとずつ進んでいます!
YZ125リビルド企画でございます。

前回はベアリングレースを打ち込んだので、今度はステムベアリングの交換です。
今回使う工具はこちら

モーションプロのステアリングステムベアリングツールでございます。
この工具はね、ベアリングの取り外しと圧入が両方出来るスグレモノです。

メーカーのサービスマニュアルなんか見るとね、ステムベアリングって「タガネなどを使って取り外す」
とか書いてあるんですよ。
いやー、そんなのじゃ中々外れませんし、ステムがギタギタになっちゃいます。
故に、高額ですがこうした専用工具が必要になってきます。

まずは外すところからやってみましょう。
説明書を見ると工具を使用する前にベアリングのアウター部分をぶっ壊せと指示があります。
ステムベアリングって、テーパーベアリングが使用されているのですが、こいつはニッパーで用意に破壊できます。
すると、インナーだけが残るので、それを今回の工具で外すということですね。


上の画像をご覧ください。
破壊前のベアリングが左、破壊後のインナーのみの状態が右です。
(わかりやすく取り外し後の状態で比較しています。)


ステムシャフトに残ったインナーを山Pの持っているトゲみたいなアタッチメントでガッツリ掴み、
工具本体をステムにセット。上からボルトをねじこんでいくと、ステムを押し下げる形になるので、工具本体がレースごと持ち上がってくるという仕組みです。
わかるかな??

と、いうわけでベアリングが取れました(^^)

構造を見ると合理的ですし確実で良いと思います。
最初にベアリングをニッパーで破壊しろという指示はちょっと驚きましたけどね!

ベアリングが外れたら次は圧入ですが、こっちは簡単です。上からドツくだけなので・・・
ベアリングを安全にドツくためのアタッチメントに交換し、上からハンマーでゴンゴン叩きます。
簡単だね!真上から垂直に叩けるので、斜めに入ってしまう失敗もしにくいと思います。

そんなわけでステムASSYがフレームに装着出来ました。


あれ?作業中の画像とステムが違うじゃんというツッコミが入りそうですが、
はい、途中でオーナーがZETAの試作品を引っ張り出してきたので、それに差し替えることになりました(^^;)
オチもついたところで、今回はここまで!

次回はスイングアームを取り付けます!

タイトルとURLをコピーしました