WR155R

WR155Rってどんなバイク?

 

 

 

 


インドネシアのヤマハが製造・販売するWR155Rでございます。
珍しいバイクですが、日本ではSOXさんが販売されているので、結構入手しやすいと思われます。
大手が取り扱ってくれると部品供給も安心ですね!!

ただね、このバイクは良くある逆輸入車ではなく日本のヤマハの関与が一切ない輸入車。
実質外車なので日本のヤマハのサポートは無いという点は考えた方が良いでしょう。
故に日本の大手メディアは取り扱わないという背景があったりします。面白いね!


そうは言ってもこのルックスは惹かれるものがあります。
ジャキジャキしてとてもカッコよい。小排気量ながらも車格はフルサイズそのもので、セローよりも大きいです。


このメーターもイカしています。タコメーターのみならず燃料計にギアポジションまで表示。
国内トレールではこんな多機能メーターありませんでしたね・・・

このバイクを入手したdfではあれこれ部品の適合確認を行いました。
結論、そうパーツは多くありませんが、全く無いわけでもありません。

エンジンプラグにシフトペダル、フットペグはZETAで揃います。


ハンドルバーは純正が引きが少ない実戦向けな角度で僕は好きですが、鉄でブレースも無いので交換がおススメです。
しかしながらアクセル・クラッチ共にワイヤーの余裕が無いので高くしたり広くしたりは厳しいです。


ブレーキレバーは適合アリですが、クラッチは無いのでPIVOTパーチで丸ごと交換。
アーマーハンドガードはUクランプで取り付けして強度を確保しました。


ブレーキホースもメッシュホースに交換してリザーバーカバーなど細部もドレスアップ。
ハンドル回りはそこそこ充実した内容になりました。

そんなわけで話題性抜群のWR155Rのご紹介でした。
フェンダーレス化は絶望的ですが、ハンドル回りや細部はオシャレ出来ますよ!

適合車種が一目瞭然なオンラインストアはこちら!!

タイトルとURLをコピーしました