NEW CRF250Lのハンドガード選び


発売が遅れに遅れた新型CRF250Lですが、ハンドガードを取り付けたいというご相談も頂くようになってきました。
そこでいきなりですが注意点のお話です。
新型CRF250Lですが、通常のクローズドタイプハンドガードは取り付け出来ません。
(アーマーハンドガードとかですね)
それと純正ハンドルバーにも取り付けできません(中身詰まってるため)

なんで通常のハンドガードは付かないや~って言うと、ブレーキホースの取り回しがハンドガードのマウントと干渉しまくる為です。

通常ハンドガードクランプが伸びる延長線上にブレーキホースがいるので取り付け出来ないんですね。
トップブリッジマウントもウインカーステーとのマッチングが悪くダメでした・・・


そのため、今回のケースではアドベンチャーアーマーハンドガードを使用しています。
アドベンチャーアーマーは全長が短く設定されているので、
ハンドガードクランプも通常より外側にセットされます。
故にブレーキホースに干渉せず取り付けが可能です。

随分ピンポイントに狙った記事ですが、これは周知せねば~ということで今回取り上げてみました。
取り付けは瀬戸店にお任せ頂きますと綺麗に作業させて頂きます!
取り付けの様子を動画でも解説しております↓


タイトルとURLをコピーしました