CRF250Lにハンドガードを付けよう

今回はオープンタイプ編です。

ブッシュガードはてこずりますが、こっちは楽ですよー。
ちょっとクラッチレバーホルダーとブレーキのマスターを内側に寄せてあげて、
隙間を作ったらステーを固定するだけです。

ステーの幅は約1cm。トレールバイクだとこの1cmを確保するのがなかなか難しかったりするのですが、
CRF-Lはハンドルのストレート部が長いのでそれがとても簡単なんです。


というわけで完成です。イメージ変わりますね!

タイトルとURLをコピーしました