CRF125Fのリヤスプリング交換をしましょう

現行モデルのCRF125F用DRCハードスプリングが出たぞ~っていうことで、早速ダープラ号にも組み込みます。
しかし、交換がちょっと難しいところがあるので解説しましょうという記事です。

で、早速本題ですがまずここの”カシメ”を削り飛ばしてやる必要があります。
ベルトサンダーなどで少し削ってあげればOKですよ。

削るとこんな感じに。

次はスプリングコンプレッサーでスプリングを縮めてあげましょう。

当店はこんなゴッツい道具を使っていますが、UNITのスプリングコンプレッサーで十分です。
こうしてスプリングを縮めると・・・

隠れていたナットがアラワになります。
このナットを保持しつつ、サスペンション下側のブラケット
(画像で言えばナット上のコの字パーツ)を緩めてあげればスプリングが抜けますよ。
あとは逆の手順で組みつけてあげればオッケーです。
一応、ネジロックを塗ってしっかりナットを締めてあげれば”カシメ”が無くともまず緩むことはないでしょう。


前後スプリングをDRCのハードタイプに変えたダープラ号。
どんな感触なのか楽しみですね。

そんなわけで、言葉で書くのは簡単ですがカシメの解除とスプリングの圧縮作業にそれぞれ工具が必要になります。
こりゃ無理だわ~という場合は、当店にお任せ頂ければ交換作業も承りますのでどうぞお申し付けください。
(当店・もしくはダートバイクプラスオンラインストアでのご購入分に限ります)

タイトルとURLをコピーしました