AT81

ゲコタの陰に隠れがち?で若干目立っていないのですが、ダンロップもエンデューロタイヤの新作を投入してきました。
GEOMAX AT81です。

鈴木健二選手がJNCCでテストして開発されたという、JNCCのためのエンデューロタイヤと言っても過言ではありません。
普通のエンデューロタイヤと違うのは、XC(クロスカントリー)をターゲットにしているため、FIM規格に縛られないブロック高を持ち、
公道走行不可であるという点です。
通常、エンデューロタイヤというのはかなり厳しい条件に合わせて作られているので、必ずしも性能本位とは言えない面があります。
その点で割り切った発想で作られているこのタイヤはかなり期待できます。
なにせ「掘る」高さとブロック配置ですし、コンパウンドもかなり柔らか目で、ガレ場にも適応出来そうです。
この発想はゲコタやVEも同様ですが、この二つは良くも悪くも極端なポジションにあるタイヤで、
ハイスピードなシチュエーションでは剛性不足を感じる場合もあります。AT81はより万能さを狙っているわけですね。

そして、極めつけは安いということ!
通常のダンロップMXタイヤと同じ価格です。エンデューロタイヤってどれも価格が相当に高いのですが、
これなら気軽に試せそうです。
JNCCにために作られたタイヤはJNCCに最高に決まっています。次の広島はコレで決まりでしょ!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください