廃番のA747に変わるオイルはなにか?

先日カストロールの2サイクルオイル・A747が廃番になってしまいました。
A747と言えば混合用2サイクルオイルとして昔から定番の製品で、特に40歳以上のオジサマ方は最高峰2ストレーシングオイルとして愛用されていた方は多かったのではないでしょうか。

良く言われる「カストロは匂いが良いよね」という評判の根源もこのオイルだと思います。

現在は化学合成のオイルが定番ですが、これは植物油(ひまし油)とのブレンドなのが特徴です。
カストロール”CASTROL”というブランド名も原料のひまし油の英語”CASTOR”と油”OIL”を掛け合わせてできたらしく、カストロールといえばA747というくらい代名詞的なレーシングオイルでした。

潤滑性能は非常に良くって、100%化学合成油が一般的になった現在でもレースシーン一定の人気があったのは競合製品があまり無かったこともあるでしょう。すぐに思いつくのはWako’sの2CRとかかな?

そんな訳で危機的状況にあった化学合成油+植物油ブレンドの2サイクルオイルですが、
当店ではMAXIMAのCASTOR927を取り扱うことにしました。


これはまんまA747を意識したオイルで、化学合成油+植物油ブレンドの混合専用2サイクルオイルです。
メーカーが違いますが、後継品・代替品という認識で良いと思います。
なんせ商品名が”CASTOR927″なんで、”ひまし油927”ですもんね。

性能は申し分ありません(^_^)ただ、注意点が一つ。
この手のオイル全般の注意点として混合時は保存に向かないところがあります。
基本的に当日混合して、その日のうちに使い切るようにして下さいね。

タイトルとURLをコピーしました