シート張り替え

img_4107
シートの張り替えをしましょう。
2014年以降のYZ250Fのシートでございます。これは先っぽが分割式なので独特の形状をしています。
故に、専用設計の表皮で無いと張るのは難しいかな・・・

必要な工具はこちら↓
img_4109
まずはホッチキスのような針を打ち出す電動タッカー。
手動で打ち出すスプリング式のものでも良いですよ。握力鍛えられます(^_^)
次にマイナスドライバーとペンチ。ドライバーは小っちゃいのが良いです。
元の表皮剥がす際に使用します。針をマイナスでこじって浮かせ、ペンチで抜くという作業の繰り返しで
表皮を剥がしますよ。
ハサミは最後にあまった表皮を切るのに使います。出番は最後だけですね。

じゃ、早速表皮を剥がしていきましょう。
ドライバーとペンチでセコセコと針を抜いてきます。
img_4110
こんな感じで・・・全周やります。
img_4112
表皮が剥がれました。
この時点でスポンジの状態をチェックしましょう。
img_4113
img_4114
シート表皮が破れていたり、古い車両だと水を含んでいる場合が多々あります。
放置しているとスポンジが腐ってしまうので、この機会に干して乾燥させましょう。
普段洗いにくいシートベースを洗うのも良いですね。
今回のシートは非常に綺麗で乾燥していたので、そのまま張っていきます。

img_4115
img_4117
この表皮はYZ-F専用に縫製されているので、被せるだけで自然とフィットします。
張る際のコツは、まず前後の位置を決めてタッカーで固定すること。
img_4118
表皮がピンと張った状態がベストです。
次に、横面の角を左右の位置がズレないように固定。
あとは前方から後方に、左右のバランスを見ながらタッカーで固定していけばOKです。
一番難しいのはもちろんココですが、文字にするとアッサリです・・・
img_4120
と、いうわけで完成です。
裏側の表皮が余ってたらハサミでカットして下さいね。
このFP1シートカバーは滑り止め効果抜群でオススメですよ。マディでお尻に泥が付いた場合に、このヒダヒダが泥を落としてお尻を綺麗にしてくれる効果もあります(^_^)これホント

タイトルとURLをコピーしました