人間もサスもガス抜きが必要です。

フロントフォークの中の空気は動作による熱膨張や
シールからちょこっと吸う空気で内圧が高まることがあります。

そんな時にボタン一押しで大気圧に調整出来るのがこちらのフォークトップブリーダーです。

なんですが・・・
たまに折れることがあるんですよねぇ。
アルミの細い棒みたいのがニョキっと生えているわけなので、ぶつけたりすると折損してしまうことも。
そこで、コンパクトタイプも出ました↓


ZETA フォークトップブリーダーSタイプです。
SはスモールのSでしょうか。従来品と比較するとこんなに小さい。
これならぶつける確率は随分減りそうですね!

タイトルとURLをコピーしました