穴あけは難しい

今日もハンドガードネタです。
KLX250のハンドル交換及びハンドガードの取り付けです。
IMG_0953
IMG_0956
現行のKLXやD-トラッカーXは右側のスイッチBOXがスロットルホルダーを兼ねているので、
ハンドル交換の際にボッチを切り飛ばしてしまうのはオススメ致しません。
左側もクルクル回ってしまうと煩わしいので、ハンドルに穴あけをして取り付けます。
強度で言えば開けない方が良いのですが、スロットルが回っちゃったら困るでしょ(^^;)

因みに穴あけは中々難しいです。なにせ位置決めが難しい。
上手く位置決めをするコツは、スイッチのボッチにインクや接着剤を付けてハンドルに押し当てます。
そうすると、ハンドルに判子が押された形になるのでそこに穴を開ければ良いのです。

IMG_0960IMG_0961
と、いうわけで完成です。
KLX250は取り付け条件が色々あって難しいので、ハンドガード検討される方は一度ご相談下さい(^^)

タイトルとURLをコピーしました