柔らかタイヤを比較してみよう

img_4286
先日発売になったダンロップのAT81EX、凄い売れ行きです。
昨日のお昼の時点でダンロップに20本あった在庫がもうゼロになってるしね・・・
安心して下さい、ダープラは在庫してますよ!

img_1057
と、いうわけでIRCのix-09wゲコタに始まりシンコーのXシリーズ、ダンロップのAT81EXと
現在国内で販売されている柔らかタイヤを比較してみましょう。

まず、重量を比較してみます。
よく言われることですが、「シンコーは重い」ということ。
確かに、持ってみるとちょっと重いと思います。

実際どうなのか?とりあえず測ってみましょう!
今回測定するのはIRC ix-09wゲコタ、シンコーR525X、ダンロップAT81EX。
全て110/100-18サイズで比較します。

まずIRCゲコタから。
img_1058
約5.4kgです。ふむふむ・・・

次はダンロップAT81EX。
img_1060
こちらも約5.4kg。ゲコタとほぼ同じ数字が出ました。
同じ重量なんて!凄い偶然。

そして気になるシンコーR525X。
img_1059
重量は約6.5kg!他2つと比較して1.1kg重い結果が出ました。
なるほど、確かに重いね・・・。
これは、サイドウォールを中心とした肉厚の関係だと思われます。
乱暴な言い方ですが重い=パンクに強いということでもあるんですよ。
ゲコタに比べてシンコーはパンク率が低いと評判なのです。リム打ちしにくいってことだね!
軽さと強さ、どっちを優先するか・・・難しい問題ですね(^^)

次は柔らかさを比較してみましょう。
これは山Pにつまんで貰って体感で比較して貰うという、適当な測定です。

まずはIRCゲコタ。
img_1061
うん、柔らかいね!フニフニ動きます。
山Pの表情も緩い!

次はダンロップAT81。
img_1065
ゲコタよりちょっと固いかな?という感じ。
同じようにつまもうとすると少し力が必要です。
山Pの表情も少し難しい顔になっています。

最後はシンコーR525X。
img_1067
この3つのタイヤの中では一番固めでした。山Pの顔も力んでいます。
とはいえ、AT81より少し固めかな~というレベルで、
それよりはゲコタの柔らかさが際立ってますね。

そんなわけで現在販売されている柔らかタイヤ3種を比較してみました。
一応、今回はあくまで重量と触った感触のみなので、参考程度に留めておいて下さいね。

実際に走行する場合には推奨空気圧がメーカーにより違いますし、
ムース・チューブリスとの相性もあります。
ただ、これだけ選択肢があるのは嬉しいですね!シンコーだと更にサイズやパターン違いもありますし!
皆さんも色々試して選んで下さいね。

タイトルとURLをコピーしました