最強ホイール

画像 015画像 019
CRF250L用のAR1ホイールキットが出ました。
今回はハブでの単品販売は無く、ホイールアッセンブリでの販売です。

何で今回そういう形にしたかというと、トレールバイクのホイールというのは
えてして軽さはそこそこですが構造的に弱く、純正との互換性を残したままでの性能アップには
限界があり、抜本的に改善するべくホイールアッセンブリでの設計となりました。
1
モトクロッサー基準での設計として、リヤのホイールベアリングはスプロケ側がダブルでセットされた
トリプルベアリング仕様。(普通のトレールバイクは片側1つずつの二個です。)
上の画像はCRF250Rのものですが、27番のベアリングが二個入っているのが分かります?

画像 007画像 008
スポーク本数もリヤは純正32本→36本として、一本辺りの負荷を軽減することで破損を防ぎます。
ニップルもアルミに変更となり、スポークの重量増を相殺。
また、鍛造ブロックからの削り出しなので、ただの削り出しハブとは強度が違います!

鍛造とは・・・文字通り鍛えた造りで、叩いたりプレスで圧縮するように力を
加えて密度を高め、高い強度を得る製法です。刀鍛冶が真っ赤になった刀をドツいているのがそれ。

こんな話があります。
昔、スコット・サマーズがバックオフのビデオの冒頭、XR400Rで大ジャンプをするシーンがあるのですが、
そのシーンの撮影直後、スポークがバッキバキに何本も折れてしまったのです。
6315792034_fb0b8eb3e6_z
XRのホイールでは大ジャンプの衝撃には耐えられなかったということですね(^^;)
その後は、こっそりCRのホイールを改造して使っていたとのことです・・・

もっと言うと、トレールバイクのリムってモトクロッサーのリムより実は軽かったりします。
材質も柔らかいですが、ペラいのもあって軽く出来ています。
ただ、弱い故にギャップで振られたり変形したりします。あくまでストリート向けってことですね。
tsuyoshi
なので、モトクロッサーのリムや社外パーツとして供給されるリムは強い分、重さはあります。
(強リムとか軽リムってモトクロッサー純正より重いのですよ。その分非常に強い!)

そんなわけでAR1ホイールキットは強いよ!ってことです。鍛造ハブにR50リムだからね!
もちろん強いだけじゃありません、剛性アップしていながら、軽量にもなっています。
画像 006画像 011
沢山穴ボコ空けてやったぜ・・・
前後セットで 約 300g の軽量化になっています。意外と地味な数字?ですが
剛性アップのことを考えるとこれでも結構攻めた数字なんですよ(^^;)
ホイールカラーも専用設計のものが付属しています。これもアルミで軽いのだ!

見た目も赤ハブに赤ニップルと大変カッコ良いこのホイールキット。
上記の通り性能的にも非常に良く出来ています。ドレスアップにも実戦にも是非どうぞ!

w21_11511
商品名 : AR1ホイールキット CRF250L フロント
品番 : W21-11511
価格 : ¥44,820(¥41,500)
サイズ : 21インチ × 1.60
カラー : ブラック(リム)/レッド(ハブ)/レッド(ニップル)

w21_21551
商品名 : AR1ホイールキット CRF250L リア
品番 : W21-21551
価格 : ¥51,300(¥47,500)
サイズ : 18インチ × 2.15
カラー : ブラック(リム)/レッド(ハブ)/レッド(ニップル)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください