新作FOXインスティンクトブーツのご紹介!!

23年モデルのモトクロスウェアーが徐々に入荷してきておりますが、本日スタッフ太田がご紹介するのが、、

こちら!!

新型のFOX インスティンクトブーツです!!

以前のブログで入門者にもお勧めできるブーツとしてCOMPブーツをご紹介させていただきましたが、こちらのブーツは入門の方もご利用いただけますが,どちらかというと中級から上級の方にお勧めできるブーツとなっております。

旧モデルとの違いとは、、

ここで旧モデルとの違いを見ていきましょう。

左が前作のインスティンクトで、右が新型インスティンクトです。在庫状況の兼ね合いで旧モデルが8インチ、新モデルが10インチとなりますことをご了承ください。高さが違うのはそのためで同じサイズであれば、ほぼ同じ高さとなります。履きこみ口は旧型が内側が高く、外側に行くにつれ低くなる斜めなカットですが新作はほぼ水平にカットされたデザインとなります。履きこみ口の太もも裏側に相当する箇所はともに柔らかめの合皮を使用しており仮に太もも裏にあたったとしても痛くなりづらい形状となっております。

デザイン全体の印象は旧タイプが張り出しの強いボリューミーなのに対して、新型は比較的に張り出しを抑え、すっきりした印象に仕上がっています。

新型インスティンクトブーツの特徴は、、

 

さらなる進化を遂げたインスティンクトブーツは履き出しから実戦で使用できるほどの快適性を実現しています。さらには9.10.11インチの間にハーフサイズを設定し、細かなサイズの選択も可能です。

マイクロファイバーレザーという最高かつ最適な合皮を使用して、剛性(柔軟性)、耐久性、メンテナンス性を向上させています。新作は全くのフルモデルチェンジですが全モデルのデザインを継承しており正常進化と言えるでしょう。

 

それでは新型の特徴をお伝えいたします。

ブーツのトゥ部分(つま先)はTPU素材(サーモプラスチックポリウレタン)を使用し弾力性と柔軟性を確保。TPU素材は熱で加工したプラスチック樹脂で身近なところでいうと、スマートフォンケースなどにも使用されています。シフトチェンジレバーが当たる場所のふちが画像では黒っぽく見えていますが、よーく見ると透明な素材で少し中が見えているような、いないような、、、。ぜひ、実物を見ていただきたいところです。なお、こちらの素材はシンプレート、ヒールガード、アンクルカフ部分にも使われております。形状も旧モデル同様の薄型形状でシフトフィールはとても良いです。さらにさらにつま先部分の足型が変更されており旧型よりも横幅が広くなっています。自分が履いた印象では3Eから4Eの間ぐらいの広さに感じました。(ちなみにJIS規格に定められている足のサイズで27センチの場合、横幅3Eは109ミリ、4Eは111ミリとのことですので10インチは4Eぐらいのサイズ感です。)

※矢印がシンプレート、ヒールガード、アンクルカフです。

 

更に新型の特徴ともいえるアルミバックル。鈍い輝きがとてもエレガントに洗練された印象です。こちらのおかげで操作性も大幅に向上しています。

さらにストラップも新設計で太くなったことにより剛性と耐久性も向上しています。

くるぶし部分の黒丸に見えるアンクルカフはさらに大きくなりこちらも捻り剛性を向上させている。またかかと部分のヒンジロックシステムにより伸び方向の動きを制御し、さらに横方向のねじれも防いでいます。

形状がシャープになった内また部分は極力薄型にすることにより、バイクとの一体感が向上し、ULTRATACヒートガード(ブラック部分)はFOXが独自に開発した素材で高いグリップ力と耐久性を実現しています。

抗菌防臭加工がされたエアーメッシュライナー(青い内装)により快適性もしっかり確保しています。

黒い靴底(ソール)は3層構造になっています。芯になる部分に柔軟性と弾力性を持たせたEVAフォームを使用し、その周りにはダンパー効果のある素材を使用して一体成形されています。さらにインナーソールのかかと部分には衝撃吸収フォームを使用して衝撃を吸収します。また、ブーツ本体のかかと部分の形状も薄型に変更し操作フィーリングを大幅に向上させています。

実際にはいてみたら、、、

ここで当社スタッフに実際に履いてもらう事にしましょう。

今回協力してくれるスタッフはハード系エンデューロで一桁入賞の常連で、いわゆるパワー系がっちり体型のスタッフです。

本人のプライバシーの問題もありますのでここでは仮称「ジャイアン」とさせていただきます。(以前もダートバイクプラスブログで数回登場しているあの人です、、、)

ジャイアン氏の足のプロフィールです。
普段履いているブーツ「アルパインスターズTECH7の10インチ」と「旧インスティンクトの11インチ」
実際の足のサイズ、縦25.5センチ/横幅(ワイズ)11.5センチ/ふくらはぎの一番太いところの外周44センチ/足首の外周26.5センチ/太もも(膝の15センチ上ぐらいで計測)51センチ/膝を90度にまげて太もも裏の1番低いところから地面までの距離40センチ *横幅は足をおろして軽く踏ん張った状態で計測

早速履いてもらいました。以下ジャイアン氏のコメント(ジャ)、太田コメント(オ)

11インチを履きこんだ瞬間

(ジャ)「お!履きやすい!足が入れやすくなっているんちゃうかな。普段11インチやけど10インチでもいいかもわからん。」「足首も結構動いてTECH10よりは少し柔らかいけど、TECH7よりは硬いかな、でも動く。」

(オ)「それではこちらの10インチ履いてみてください。」

(ジャ)「このブーツなら10インチでちょうどいいなぁ。前のより横幅が広くなった気がする。」

(オ)「確かに足先の形状が前のモデルより丸く変更されていますし、くるぶし部分の幅も広くなってますよね」「それじゃあ、次はFOXのタイタンレースニーシンガード(品番25191-001-L/XL)を付けて履いてみましょうか。」

(ジャ)「お、入るね!!少し横が開いちゃうけど、、ストラップ自体は余裕ある。」

(オ)「確かに少し開いちゃうけど中が丸見えっていうわけではないのでぎりぎり許容範囲という所ですかね。」

(オ)「それでは次、PODのK4ニーブレース(K4024-058-XL/2XL)を付けて履いてみましょうか。」

(ジャ)「お!PODのニーブレースの方がむしろいいね。ガードの長さが短いからその分細くすることができるな。」

(オ)「確かにニーガードよりブレースの方が隙間が狭くなってますね。」

以上試着の感想でした。

 

今回ジャイアン氏に履いてもらいさらに良いなと思った点です。

一番上のストラップですが、伸びたときにちょうどあたり面にギザギザが刻まれておりストラップの裏側のギザギザに重なるようになっていて、ずれにくい形状と進化していました。また上でも書きましたが膝内側が薄型になりかつ極力フラットな形状となっているのでホールド性の向上と車体のカウルやステップなどに引っかかりずらい形状になっているのが確認できました。

結論:ジャイアン氏はインスティンクトは10インチでした。以前よりも甲高幅広になり足首にゆとりも出来たこのブーツはまさにTECH10に最大のライバル出現といったところです。様々な進化を遂げたこの新型インスティンクトをぜひ「見て、触って、体感」してみてはいかがでしょうか。

 

今回掲載させていただきましたブーツはこちらでご確認、ご購入いただけます。

FOX RACING / ブーツ・シューズ| Dirtbikeplus (ダートバイクプラス)

 

タイトルとURLをコピーしました