今度こそセローに行けるのか

シンコーの売れ線タイヤに216MXというのがあります。
ガミータイヤと言って差し支えない柔らかい特性で公道走行可能、
更にチューブレス、価格も安いという使い勝手の良いヤツです。

シンコーそんな216MXに120/90-18サイズがラインナップされました。
対応リム幅が2.15~とセローにもバッチリ適合するサイズになっています。
そう、セローに合うサイズなんですよ。
右側は従来品の140/80-18です。太さが随分違いますね。

従来から販売されていた140/80-18サイズもセローのお客様に多数お使い頂いていたのですが、
0.6前後の低圧時にビードが落ちるという現象が数件報告されておりました。
メーカーに尋ねると、セローは対応リム幅外なので保証できませんという回答。
確かにカタログを見ると対応リム幅は2.75-とあります。セローは2.15ですね。

しかし2.75-3.75のリム幅でこのタイヤを履くバイクってなんでしょう?
このタイヤを履くであろう、エンデューロorトレールバイクは2.15が大半だと思います。
余談ですが同タイヤを純正装着しているBETAクロストレーナーはリム幅1.85です。

それはともかく、今回晴れてセローに対応するサイズが発売になりましたので
今度こそビード落ちせずに使えることを期待しております。
触ってみると、幅が狭い分たわみにくいのか140に比べると結構固くなってます。
指で押した感じではVE33くらいの固さかなぁ。

ちょっとドキドキですが試してみたいですね。
セロー以外にも30馬力前後のトレールバイクには丁度良いと思います。

価格は税抜き9,400円でございます。
在庫も常時してますのでどうぞ~

タイトルとURLをコピーしました