プロスペックタイヤチェンジャー


UNITからタイヤチェンジャープロが発売になりました。
プロと名付けるだけあって、非常に実用的でしっかりした作りになっています。

作業者の目線はこんな感じ↓

まず、こうした腰下くらいまである高さのタイヤ交換台というのは
しゃがんで地面で行うタイヤ交換と違って腰が痛くなりません。
そのため、一日に何回もタイヤ交換を行う当店のようなショップやレースの現場ではこの形が重宝されます。

高さ調整も三ヶ所のボルトの着脱で出来ます。
また、三本の足は踏みやすい形になっていて安定感あります。

この高さだとタイヤを踏んだり、無茶な力の掛け方が出来ないので
力まないスマートなタイヤ交換が身に付きます。つまり、パンクさせ辛いってことさ!
タイヤ交換が苦手という方は多いと思いますが、
上手く出来ない原因は大半がビードをしっかり落とせていないことです。

ビードが落ちていないから固くてタイヤがめくれない・外せない→無理な力を掛けてパンクやホイールに傷をつけてしまうといいう負の連鎖です。
なので、上手くいかない場合はビードが落ちているかどうかチェックしてみましょう(^_^)



ハブを固定するためのカラーが付属しているので、作業中にホイールがガタつく心配もありません。
中々気の利いた作りじゃないですか~。

次回はこれを使って動画でタイヤ交換の解説をしようと思います。
時代は動画ですね!

タイトルとURLをコピーしました