フォークシールを打ち込む

お客様・・・よりむしろバイク屋さんから熱い視線を浴びていた?
新製品、フォークシールドライバーが入荷しました。

フロントフォークのシール交換の際にオイルシールを打ち込む為の工具なのですが、
従来はこんなの↓が多かったのです。

と、いうよりコレばっかりでしたよね。
特にメーカーごとの差もなく改良が加えられるでもなく・・・
でも、今時の倒立フォークはインナーチューブ径も太く、いまいち綺麗にフィット出来なかったのも事実です。
使い勝手も微妙で、勢い良くガッツンガッツンと打ち込もうとすると黒い爪のパーツが飛んでいったり・・・

そんなわけで、本当に使いやすいシールの打ち込み工具とはどのようなものか?と設計致しました。
結果、考え出されたのが、爪とハンマーを連結して、確実なサイズ合わせと打ち込みを可能にする方法です。

ほとんどのインナーチューブ系に対応出来るように複数の爪が付属。

ハンマー部も指の引っかかりを作り、握りやすいように設計されています。
作業中はどうしても手が油まみれですからね。


全国のサス屋さん、バイク屋さん、ライダーの皆さん、革命的に使い易い製品です。
是非使ってみてください!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください