パウダーコートレポート・スプロケットキャリア



セロー250用のDRCスプロケットキャリアのパウダーコート依頼を頂きました。
通常ダンパー付きのスプロケットを使用しなければいけないところを、
このスプロケットキャリアを装着することで、旧型セロー225用(93-99年式)の
ダンパー無しスプロケットが使えるようになるという便利アイテムです。
一回導入すれば以後の維持費が安くなるのと、軽量化に加え歯数の選択やダイレクト感のアップなどメリット色々です。

通常はご覧の通り、チタンカラーでアルマイトされた外観となっておりますが、
今回はレッドメタリックで塗装させて頂きましたので、このように↓


カッコ良いでしょ~。この外周にスプロケットが取りつくともっとカッコ良くなると思います。


裏面もぬかりなく。
スプロケットの取付面など、塗膜があると困るところはしっかりマスキングしていますので取付時の不具合も心配ありません。
こうしたところはバイクの事を良くわかっているスタッフが担当していますので、
特別な箇所以外は空気読んでマスキングしております。

今回はスプロケットキャリアの施工例紹介でしたが、
今オンラインストアと瀬戸店では、ラジエターとサスペンションスプリングのガンコート&パウダーコート施工料金が通常価格の10%OFFになるキャンペーンを実施中です。
よろしければ是非ご利用ください~

タイトルとURLをコピーしました