ハンドル周りは当店におまかせ

当店の得意作業はハンドル周りとタイヤ周りです。
もちろん色々な作業を承っていますが、特別強いジャンルはこの2つ。
何故かというと件数が多いので自然と強くなっていくからです(^_^)
ハンドガードの取り付けとかタイヤ交換は需要が多いということでしょう~


今日もWR250Rにハンドル交換とハンドガード取り付けのご依頼を頂きました。
普通のバイク用品店と違い、豊富な種類から乗り方に応じて最適なハンドルをご提案致します。
お客様の乗り方と体格を考慮して今回はZETA CXハンドルバーのMX214を付けました。


このグリップは最近人気のODIローググリップ
ちょっと太めで柔らかいコンパウンドが特徴です。
ハンドガードに合わせて穴あけ加工をして装着しています。

あとね、余談なのですがZETAのPIVOTレバーにおいて
初期の角度セッティングをされていない車両を見かけます。

上の画像のボルトでレバー角度が任意に調整出来ます。近くしたり遠くしたり。
初期設定ではボルトが奥に引っ込んでいますのでレバー角度も閉じているんですよね。
そのままだと使い辛いと思いますので(^^;)
一度このボルトの位置を見直して見て下さい。

タイトルとURLをコピーしました