どっちを選ぶ?

CRL250Lに待望のスキッドプレートが二種類登場しています。

一つ目はご存知ZETA

価格は15,750円、品番はZE55-2130です。

3mm厚の硬質アルミを使用した実戦データに基づいた(ココ重要)設計で製作されたものです。
実戦データというのは重要です。実際に弊社スタッフがボッコンボッコン壊すつもりでテストしてきた上で、
着脱のしやすさなどの整備性も考慮して設計しています。
だから良く出来ていますよ。例えばこのフジツボ部分↓

ボルトの頭を潰さないようガードすると同時に、裏側のカラーを固定する役目を持っています。
普通はカラーが別体でも良いのでしょうが、整備製においては非常に有効です。
カラーをポロポロ落としながらするスキッドプレートの着脱は辛いですよ・・・

お次は新鋭AXP

価格は17,220円、品番はAX1231です。

樹脂ですが6mm厚で丈夫!かつガード面積が非常に大きくて素敵です。
ウォーターポンプもガッチリガードしていますよ。

これも取り付けは良く考えられていて、後ろはフレームのスリットに引っ掛けるようにして固定します。
前側もカラーを一体整形されていますね。

こういう複雑な形状が可能なのも樹脂の強み。

どちらも自信を持ってオススメ出来る製品に仕上がっています。
ZETAの方はは先日のBAJA1000で朝霞研究所の有志チームに使用してもらい、バッチリ仕事をして帰ってきました。
良くやったぞスキッドプレート君!感動した!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください